博多駅前の陥没現場、一週間で修復。通行再開。

ニュース

博多駅前の陥没現場、一週間で修復。通行再開。

博多駅前の大規模陥没現場、わずか 1週間で修復完了。通行再開しました。

一週間前に博多駅前の道路で発生した、大規模な道路陥没。わずか一週間で、陥没が想像つかないほどに修復が完了しました。あらためて、日本の工事技術の凄さも実感します。

福岡市のJR博多駅前の道路が大規模に陥没した事故で、福岡市は道路の舗装を終えて最終の安全確認を行い、午前5時、1週間ぶりに現場での通行を再開させました。これに伴って、現場付近の3つのビルに出していた避難勧告も解除しました。
今月8日、福岡市博多区のJR博多駅前の道路が縦横およそ30メートルにわたって大規模に陥没した現場では、今月12日までに水道やガスなどを仮復旧させる工事を終えたあと、穴を埋め戻す作業が続けられてきました。

14日、雨で作業が一時中断したため当初予定していた14日夜の道路再開はできませんでしたが、徹夜の作業で舗装を終えて最終の安全確認を行い、15日午前5時に福岡市の高島市長が道路の開放を指示して通行が再開されました。

現場で通行ができるようになるのは今月8日以来、1週間ぶりです。これに伴い福岡市は、現場付近の3つのビルに出していた避難勧告も午前5時に解除しました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

同じ場所とは思えないほどキレイに。

おどろきを隠せない。

工事中の様子も。重機好きにはたまらない勢揃い。

協力の中での迅速な手段や対応がなされたのかもしれません。
それにしても1週間でここまで元通りになるとは、技術の凄さを実感します。

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法